年次報告

2020年度(令和2年度) 名古屋大学基金 会計報告

2020年度の名古屋大学基金の寄附受入金額は25億8,711万5,857円となりました。皆様よりあたたかいご支援を賜りましたこと、厚く御礼を申し上げます。

2020年度の寄附受入状況

寄附金合計額【現金寄附】: 25億6, 609万7,587円

寄附金合計額【物納、有価証券等を含む】: 25億8,711万5,857円

法人と個人の内訳【現金】

法人からの寄附、個人からの寄附についての内訳は以下の通りです。
  法人 個人 合 計
分類 企業 その他 小計 職員 退職職員 在学生 卒業生 在学生の
保護者
卒業生の
家族
一般 小計
寄附件数
(件)
112 30 142 381 122 53 1,478 343 252 447 3,076 3,218
寄附金額
(千円)
133,599 15,600 149,199 14,183 22,423 1,160 2,165,646 14,318 58,901 140,266 2,416,898 2,566,098

基金本体と特定基金【現金】

基金本体と特定基金の寄附状況については以下の通りです。
 
分類 寄附件数(件) 寄附金額(千円)
基金本体 1,082 2,234,500
特定基金 2,136 331,598
合 計 3,218 2,566,098

2005年度~2020年度の寄附受入状況

寄附総額【現金寄附】:75億9,458万5,202円

寄附者数:11,003人(法人・個人含む)

寄附総額【物納、有価証券等を含む】:197億8,271万1,281円
 

寄附者の内訳

annual_01_img-01_2020.gif

2020年度 名古屋大学基金事業収支状況

《収入》

区分 金額(単位:千円)
前期繰越 198,202
当期運用益 184,558
合 計 382,760

 

《支出》

区分 金額(単位:千円) 内 訳
下駄の鼻緒奨学金 2,400 日本人学生2名×60万(年間)
留学生2名×60万(年間)
G30学部留学生奨学金 30,162 15人×奨学金50万円×4学年
入学金282,000円(初年度)
海外派遣日本人学生給付金 2,293 短期研修19名(渡航費上限10万円)
交換留学2名(渡航費上限20万円)
アジアサテライトキャンパス奨学金 0

短期スクーリング滞在費

※コロナ禍により事業実施できず

ホシザキ奨学金 46,080 奨学金144万円×16人×2年間
牧誠記念研究助成 1,000 研究助成金50万円×2名
中嶋家研究基盤環境支援事業 4,947 全学共用機器修繕/改修×4件
新型コロナウイルス対策支援事業 20,000 コロナ禍での全学の学生支援に充当
次期繰越 275,878  
合 計 382,760  


 

2020年度 特定基金事業総括

特定基金事業の寄附受入件数、寄附受入額、執行額については以下の通りです。

 

事業名

寄附

件数(件)

受入額

(千円)
※下段は累計額

執行額
(千円)

※下段は累計額

執行実績及び今後の執行計画
工学部・工学研究科支援事業 114 6,622
(70,497)

6,040

(13,690)

【実績】工学奨学奨励金制度:72件
(博士後期課程入学者全員(留学生を含む)に70千円を給付)
若手研究者支援:1,000千円(2名分)
青色LED・未来材料研究支援事業 60 18,367
(64,240)

2,165

(4,629)

【実績】知的財産管理費 1,759千円、学生海外派遣助成 406千円
【計画】知的財産管理費 2,000千円、学生海外派遣助成費 1,900千円、学生奨学支援 2,800千円 
アジア法律家育成支援事業 21 2,825
(18,396)

0

(4,609)

【計画】アジア法律家育成支援、日本人グローバルリーダー育成支援、アジア法研究支援 等
女性リーダー育成支援事業 22 562
(3,483)

0

(0)

【計画】女性研究者、女子学生、院生の育成支援や、その推進のための調査研究及び男女共同参画推進における活動の実施等
名高商・名大経済学部・経済学研究科100周年記念支援事業 54 1,952
(65,856)

27,418

(29,539)

【実績】キタンホール(旧カンファレンスホール)のAVシステムとして23,650千円、エントランス改修工事(照明、ガラスオブジェ、芳名板、看板の取付等)として1,524千円、その他2,244千円、計27,418千円を支出した。
9月26日には、大口寄附者を招待してキタンホール完成テープカット式を実施した。記念誌出版についても、名誉教授の先生方等から原稿をいただいており、来年度には出版できるように準備している。
医学系未来人材育成支援事業 52 5,950
(136,330)

9,500

(9,500)

【実績】学修支援事業として困窮学生に奨学金を支給。9,500千円(14名)
名古屋大学
「大学発ベンチャー応援事業」
19 10,787
(30,892)

3,583

(8,266)

【実績】ビジネスプランコンテスト 5件2,800千円、アイデアピッチコンテスト 5件 500千円、全国地域ブランド総選挙 2件70千円、その他物品購入 4件 213千円
医学部附属病院支援事業 60 115,780(205,651)

11,640

(11,640)

【実績】患者サービスの向上及び診療環境の充実のため、次のとおり基金の支出を行った。
温冷配膳車デリカート(7,150千円)、上部消化管汎用ビデオスコープ(3,520千円)、フレクシークリーンエアシステム(970千円)
名古屋大学附属図書館支援事業 176 3,736(18,295)

839

(4,989)

【実績】高木家文書デジタル撮影 821千円、消耗品費他 18千円
ジェンダー平等支援事業 8 140
(50,852)

1,206

(18,927)

【実績】配分済み額の各部局執行額は1,206千円。
【計画】2020年度は、女性教員増員策の実施途中であるため、部局配分実績は無かったが、2021年4月の成果に従い、2021年度には順次各部局への配分を実施する予定である。加えて、2021年度以降は新たな女性教員増員策改定案を策定し、女性教員が増員した場合などに本基金を活用予定。
農学部・生命農学研究科教育研究支援事業 73 15,262
(126,751)

6,380

(14,020)

【実績】奨学金給付 4,300千円(4名)、JDPサポート 880千円(2名)、その他(研究者奨励費執行分)1,200千円。
次世代保健医療リーダー育成支援事業 14 400
(1,695)

0

(0)

【計画】学生教育環境整備事業及び若手研究者支援事業に使用する予定
トランスフォーマティブ生命分子研究所支援事業 27 314
(1,058)

0

(0)

【計画】ITbM では融合研究と人材育成を推進するためのピッチコンテストを企画しており、基金では優れたアイデアに対してアワードの贈呈を準備している。
教育学部附属中・高等学校75周年記念国際化推進支援事業 37 1,202
(6,100)

0

(0)

【計画】国際交流活動における高校生の米国派遣、モンゴル派遣、リトアニア派遣費用の 一部支援を予定している。また今年度採択された文科省受託研究のWWL研究開発(2021~2023年度)の国際交流活動でも活用する予定である。 
創薬科学研究科支援事業 24 504
(3,173)

0

(173)

【計画】学外との学術的、人的交流を図るための講演会の運営及び渡航支援等に執行する予定。
理学部学生支援事業 32 1,697
(6,134)

450

(450)

【実績】理学部長顕彰:6名 300千円
    理学部奨励賞:30名 150千円 
PhD 登龍門支援事業 49 14,386
(57,022)

162

(11,491)

【実績】コロナ禍で海外研修などが実施できず、社会人メンター、ヤングメンターなどの研修経費 62千円、第21回国際情勢講座開催経費100千円
教育学部・教育発達科学研究科創設70周年記念学生支援事業 12 1,130
(3,211)

0

(0)

【計画】教育研究環境の整備、若手研究者支援及び学生の学修支援のための支出を予定。
博物館支援事業 8 155
(652)

0

(0)

【実績】NU MIRAIのプロジェクトとして「未来に活かす博物館」構想を立ち上げ、全学が関わるキャンパスミュージアムに関する特別展を行うなど、事業の継続・推進した。
巨大災害から次世代を守る減災館支援事業 33 1,407
(6,778)

(967)

【計画】COVID-19感染拡大防止の間も所属教員による講演映像をYouTubeを介してweb掲載するオンディマンド・ギャラリートーク(バーチャルギャラリートーク)を22件開催するなど(合計再生4,394回)、新しい生活様式に対応すべく、「バーチャル減災館」の整備に向けた試行を継続していく.
数理科学学生支援事業 30 2,992
(3,513)

0

(0)

【計画】優れた数理科学人材の育成、およびそれを実施するための教育・研究環境の整備を行う
創立75周年記念文学部研究基盤整備支援事業 10 141
(11,279)

0

(0)

【計画】図書室及び図書の収蔵スペースの整備・拡充 、大学院生・若手研究者の顕彰
創基150周年医学部基盤整備支援事業 124 50,395
(152,760)

23,429

(23,429)

【実績】創基150周年に係る基盤整備事業の一貫として竣工する医学部史料館の移設改修工事を行った。
総合科学による古代エジプト調査研究支援事業 5 310
(840)

(169)

【計画】エジプト調査準備費、3Dデータ制作費
名古屋大学漕艇部艇庫・合宿所等整備支援事業 102 4,074
(26,085)

0

(0)

【実績】 関係者の皆様の多大なご尽力により、漕艇部艇庫改修工事(新艇庫建設)について、基本計画が作成され、艇庫新営その他設計業務についての入札が行われた。今後、当該改修に係る執行に充てていく。
博士課程人材育成支援事業 7 675
(695)

0

(0)

【計画】博士課程人材育成のための奨学金として支出する予定
次世代環境人材育成支援事業 4 4,210
(4,210)

(0)

【計画】2020年度に特定基金を設置し、広報資料配布時に基金への支援を募った。次世代環境人材育成奨学金の給付に関する要項を作り、2021年度に学生への支援に使用予定。
企業によるエンカレッジメント奨学金事業 2

2,500

(2,500)

(0)

【計画】民間企業から奨学等を目的とした寄附に基づき、名古屋大学の学業優秀な学生や、経済的困窮学生の修学環境の確保を目的として、給付型奨学金制度を創設。2021年度から5名に対して給付額500千円の一括給付を開始する予定。
経済的困窮学生の修学支援事業 85

9,147

(37,507)

3,300

(10,700)

【実績】理学部奨学金 600千円、法学研究科奨学金 2,700千円
新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金 872

53,976

(53,976)

53,976

(53,976)

【実績】自宅外学生への生活支援金給付(30千円/人)をはじめ、大学独自の授業料減免(日本人学生/私費留学生)、オンライン講義受講のためのICT環境支援(Wifiルータ貸出)、学術資料収集図書支援(郵送による図書の自宅配送貸出サービス)、学習場所(アクセスポイント)等の提供、大学の宿舎等自宅で待機する留学生への空港からの移動支援 等
2,136 331,598
(1,170,431)

150,088

(221,164)